カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタヘッダーバナー

ユーカリはちみつレッド・ストリンギーバーク(Red Stringybark) 250g

黒糖のような豊かな香りとへーゼルナッツのような香ばしい香り。甘みと微かな苦味の絶妙なバランスは、チョコレートに例えれば「上質のビター・チョコレート」のような「大人の味」。「ただ甘いだけでは物足りない」という方に特におススメしたい、「通好み」の味のはちみつです。

ミタミタユーカリ蜂蜜レッドストリンギーバークはちみつイメージ

【採蜜地域】ヴィクトリア州南部
【養蜂家】J.エドモンズ
【色】明るく透明感のある濃い紅茶色
【香り】黒糖の甘い香り、ヘーゼルナッツやコーヒーのような香ばしさ、そして僅かに酸味も感じられます。
【味わい】口に入れると微かにナッティーな風味がサッとひろがり、コクもあります。フィニッシュには香ばしさ、ホロリとビターな風味、酸味、そして甘みの中にもかすかな塩味を感じます。濃厚で口の中でゆっくりと溶け、食べ応えがあります。甘みは比較的強めですが、程よい苦味があるためスキッとした後味です。
【粘性】4
【おすすめの食べ方】強めの甘み、かすかな酸味とビターな味が、モカなどすっきりとした味わいのコーヒーとよく合います。また胡桃などナッツの入ったパンとも相性がぴったりです。チーズは、塩分の強い青カビチーズと良く合います。結晶化しにくいはちみつですので、ヨーグルトやアイスクリーム、バナナなどフルーツのトッピングにも最適。またお肉の臭み消しや風味付けに、和食は勿論エスニックなお料理にもお使いください。このハチミツを使ったおすすめレシピ「ミタミタのはちみつ黒酢チキン」をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

ユーカリはちみつレッド・ストリンギーバーク(Red Stringybark) 250g

価格:

1,890円 (本体 1,750円、税 140円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

【品種の特徴】ユーカリの仲間であるレッド・ストリンギーバークは、学名をEucalyptus Macrorhynhcaといいます。ストリンギーバーク類には、レッド・ストリンギーバークの他、ホワイト、ブラウン、イエロー・ストリンギーバークがありますが、ヴィクトリア州に最も多く生息するのが、このレッド・ストリンギーバークです。ストリンギーバークの「ストリンギー」というのは「繊維質の」という意味で、「バーク」は「樹皮」という意味ですが、その名の通りこの木の皮は繊維質で、手でバリバリと簡単にはがすことができます。そして樹皮の裏側や幹の樹皮がはがされた部分の木肌を見ると非常に鮮やかな赤茶色をしていることから、「レッド」ストリンギーバークと呼ばれます。 (ユーカリ豆知識のページでレッド・ストリンギーバークの写真をご覧になれます。) 痩せて石ころなどが多い土地や粘土質で酸性の土壌に育ち、ヴィクトリア州北東部の丘陵地帯では30m以上にも成長しますが、ヴィクトリア州の南部に生息するものは15〜18mくらいのものが普通です。開花時期は2月ですが、ヴィクトリア州の南西部ではクリスマス直後から白い花が咲き始めます。レッド・ストリンギーバークのつぼみは、開花するまでになんと15〜18ヶ月もかかり、また開花の頻度も気候条件などが揃えば2年に1度、さもなければ通常は3〜5年に一度と言われています。また他のユーカリの品種と比べ、カップ・モスという蛾の被害を受けやすく、被害が進むと何年も採蜜できなくなるほど壊滅的なダメージを被ることも多いため、蜜源としてはどちらかと言えば不安定な品種です。採蜜量も地域によってまちまちですから、入手困難な品種と言っていいでしょう。
レッドストリンギーバーク斜め

※上記内容は、Department of Agriculture, Victoria, Australia, 'The Honey Flora of Victoria'、養蜂家から提供された情報等を基に、弊社がまとめたものです。