カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタヘッダーバナー

ユーカリはちみつアイアン・バーク(Iron Bark) 夏咲き 250g

名前は「アイアン(鉄)」でも、味わいはやさしいアイアン・バーク。珍しい「夏咲き」のものは、ハーブの風味に加えフルーティーでフローラルな風味があり、クセがなく爽やかな味。どなたにも好かれるハチミツです。結晶化してほんのりミルクティー色になったものは、また格別の美味しさです。

ミタミタユーカリ蜂蜜アイアンバークはちみつイメージ
撮影用食器協力:ノリタケ

【採蜜地域】ヴィクトリア州中部
【養蜂家】J.エドモンズ
【色】明るいほうじ茶色
【香り】紅茶やハーブの香りと僅かな酸味。優しく、バランスの取れた香りです。
【味わい】他のユーカリの蜂蜜と比べ、さらりと軽め。クセがなくマイルドな風味と甘さが特徴のはちみつですが、今回お届けするものは、標準型の「冬咲き」の花ではなく、珍しい「夏咲き」の花から採れたもので、甘さも風味も「冬咲き」のものよりやや強め。「夏咲き」の特徴である「フルーティー」「フローラル」な風味があります。またほんのりとセージ、タイム、ミントのようなハーブの風味もあり、後味はさっぱりしています。
【粘性】2
【おすすめの食べ方】比較的さらりとしてマイルドなので、紅茶に入れたりそのままストレートでどうぞ。ヨーグルトは勿論、フレッシュタイプのチーズ(カッテージチーズ、リコッタ等)や、シュプレムのような優しい味わいで塩気の少ないタイプの白カビチーズとよく合います。また苺やグレープフルーツなど果物との相性も良い蜂蜜です。どちらかというと結晶化しやすいはちみつですが、液状だけではなく、結晶化したものも楽しめるのがこのハチミツの素晴らしいところです。結晶の粒は細かく、噛むとやわらかいので、クラッカーやパンにスプレッドとしてお使いいただくのに最適です。写真は、ライ麦パンにスライスしたバナナをのせ、そこに結晶化したアイアン・バークをスプーンで軽くホイップしたものを塗って黒ごまペーストをかけたものです。はちみつ好きにはたまらない「病みつきになる味」です。同じく結晶化したものをホイップしたものを、ゴルゴンゾーラ・ドルチェのようなマイルドな風味の青かびチーズにかければ、ちょっとしたおもてなしデザートの出来上がり。また調味料として、ハーブの風味を活かしてラム肉のマリネなどにお使いいただくと、臭みも取れてお肉がグッと柔らかくなります。このはちみつを使ったおすすめレシピ「ホタテ貝柱と旬の野菜の温サラダ」をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

ユーカリはちみつアイアン・バーク(Iron Bark) 夏咲き 250g

価格:

1,890円 (本体 1,750円、税 140円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

【品種の特徴】ユーカリの一種アイアン・バークには色々な種類がありますが、このはちみつはその中でも代表的な品種であるレッド・アイアン・バーク、学名Eucalyptus Sideroxylon、から採蜜したものです。レッド・アイアン・バークは雨量の多い地域では30m近くまで成長しますが、ヴィクトリア州内陸部の乾燥した地域では、18m程度にしか育ちません。しかし、旱魃や霜に強く成長の早い品種です。痩せた土地や、「アイアン(鉄)」という名前の通り鉄鉱石を多く含む土壌の丘陵地帯に生息します。レッド・アイアン・バークの特徴は何と言ってもその樹皮でしょう。色はほぼ真っ黒か非常に濃いこげ茶色で深い縦皺が無数に入っており、触ると非常に堅く、まるで石のようにごつごつとしています。 (ユーカリ豆知識のページでレッド・アイアン・バークの写真をご覧になれます。) 花は数あるユーカリの中でもとりわけ大きくて美しく、遠くから見ると下を向いて咲いている様子がフクシアの花に似ています。色は白、ピンク、そして鮮やかな赤があり、大きな花の中心に花蜜がたっぷりと詰まっています。2つの開花タイプがあり、標準型(冬型)で6〜8月に咲くものと夏型の2月に咲くものがありますが、夏型の生息地域は非常に狭い範囲に限られます。花はつぼみをつけてから開花するまでには5〜6ヶ月を要します。冬に開花するのが一般的なレッド・アイアン・バークですが、花蜜を冬に採取するということは蜂たちにとってかなりのリスクを伴います。何故ならば、冬に咲く花の種類が少ないために蜂たちの大切な餌となる花粉が採れないということと、気温が低くなると蜂たちの体力も衰え弱ってしまうからです。レッド・アイアン・バークからは花粉が採れないため、養蜂家たちは蜂の健康管理に特に気を遣わなければなりません。
アイアンバーク斜め

※上記内容は、Department of Agriculture, Victoria, Australia, 'The Honey Flora of Victoria'、養蜂家から提供された情報等を基に、弊社がまとめたものです。