カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタヘッダーバナー

はちみつQ&A

はちみつとはなんですか?

はちみつは花から集められた花蜜(ネクター)をみつばちが加工したもので、花蜜をそのまま巣に保存したものがはちみつなのではありません。みつばちたちは花から集めた花蜜を巣に持ち帰り、巣で待っている蜂達に口移しで渡します。花蜜を受け取ったみつばち達は、これを巣房に蓄えるのですが、この時下咽頭腺というところから分泌される転化酵素インベルターゼを加えることにより、花蜜に含まれるショ糖が果糖とぶどう糖に分解されます。みつばちたちは、それを巣箱内の高い温度の空気にさらし、更に羽をあおいで風を送り続け、蜜が一定の濃度に達するまで水分を蒸発させます。これをみつばちのお腹の部分から分泌される蜂ろう(「蜜ろう」ともいいます)で蓋をして出来たものがはちみつで、この状態のものを「完熟はちみつ」と言います。Mitta Mitta のはちみつは、全てこの完熟はちみつです。(下の写真は完熟はちみつの詰まった貯蜜枠です。)

完熟はちみつの味見

はちみつの成分は何ですか?

はちみつの主成分は糖分(主にぶどう糖と果糖、他に微量のオリゴ糖やショ糖など)と水分です。そしてその他に、アミノ酸やビタミン、ミネラル、有機酸、酵素などが含まれています。蜜源にもよりますが糖分は75〜80%程度、水分は15〜20%程度です。

はちみつの中に細かい粒子のようなものが混じっていたり、表面や縁の部分に小さな泡があるのですが・・・

天然の食品であるはちみつには栄養価の高い花粉も混じっています。細かい粒子はこの花粉です。また小さな泡は、採蜜から充填までの工程で出来るものです。安心してお召し上がりください。

はちみつが結晶化するのはなぜですか

はちみつの結晶化には様々な原因が考えられます。はちみつの保存温度(低いと結晶化しやすくなります)、はちみつに微量に含まれる花粉などの影響等々。しかし結晶化の一番の原因は、蜂蜜の主成分であるぶどう糖によるもので、ぶどう糖の含有量が多いほど結晶化しやすくなります。蜜源によってぶどう糖の含まれる量が異なるため、結晶化するスピードもはちみつの品種によって異なります。このように品種による違いはありますが、ぶどう糖が含まれている以上、はちみつはいずれは結晶化します。しかし、これは純粋のはちみつである証でもありますから、安心してお召し上がり下さい。

結晶化したアイアンバークはちみつ

結晶化したはちみつは、種類によって結晶の粒が比較的大きいものや、粒が細かく舌触りがスムーズなものなど様々ですが、はちみつ本来の味や風味をお楽しみいただくためにも、よほど堅い結晶でない限り、出来ればそのままご賞味いただくことをおすすめします。結晶化したはちみつも、なかなか乙なものです。スプレッドとしてパンやクラッカーなどに塗ったりしてお楽しみ下さい。液状のはちみつのように流れたりすることがないので、サンドイッチなどに最適です。また、結晶は熱を加えると溶けますから、お料理に調味料としてお使いになる時には、そのままお使いください。

はちみつが結晶化したらどうすればいいでしょうか

結晶化したはちみつは、容器に入れたまま45℃程度のお湯を入れたボールなどにつけ、途中でかき混ぜるなどしてゆっくり溶かしてください。(直火にかけて湯煎したり、電子レンジを使って結晶を溶かしたりすることはおやめ下さい。) お湯の温度が高いと、折角のはちみつの風味や味が損なわれたり、栄養成分も失われてしまいますのでご注意ください。

同じ品種のはちみつでも色や味などが違うことがありますが・・・

はちみつは自然の食品であり農産物ですから、たとえ同じ品種であっても、天候、採蜜場所、採蜜時期など様々な条件によって味、香り・風味、色などに違いが出てきます。果物や野菜などが、同じ品種であっても収穫時期や収穫場所によって色や味、大きさなどに多少の違いがあるのと同じですね。Mitta Mittaのはちみつは、味や香り、色などを均一化するためにはちみつを加工したり、数種のはちみつをブレンドするようなことは一切行わなわず、出来る限り自然のままの状態に近い状態で皆様にお届けしています。オーストラリアの大自然の恵みをお楽しみ下さい。

  ユーカリの花 みつばちとユーカリ

はちみつはどのように保存すれば良いですか?

直射日光の当たらない涼しいところで、常温で保存してください。冷蔵庫に入れると結晶化しやすくなりますので、ご注意下さい。

はちみつを料理に使いたいのですが、お砂糖に対して分量はどのくらいが適切ですか?

大体の目安ですが、スプーン1杯のはちみつはスプーン2杯のお砂糖と同じくらいの甘さになります。

ただ、はちみつの種類やお料理の温度によって多少甘さが異なりますので、お料理によって味を見ながら調整されることをおすすめします。またはちみつには、品種にもよりますが大体15〜20%の水分が含まれていますので、他の材料の水分量を加減しながらお使いください。

はちみつQ&Aはちみつスコーンとはちみつ黒酢チキン

ミタミタのはちみつは、コクがありお料理の味に深みを出します。そのままお召し上がりいただくだけではなく色々なお料理にご活用下さい。ミタミタのウェブサイトでは、ミタミタのユーカリはちみつを使ったおススメレシピをご紹介しています。