カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタヘッダーバナー

オーストラリアのお話:メルボルンの夏

オーストラリアの夏の青空

梅雨が明けた途端に猛暑続きで、毎日本当にびっくりするくらいの暑さですね。

猛暑と言えば、メルボルンの夏も、それはそれは暑かったです。メルボルンはオーストラリア大陸の南にあり、内陸部のような極端な暑さや寒さはないところですが、夏はかなり暑くなりました。

内陸部から吹いてくる北風はカラカラに乾燥していて、この熱風が吹き始めると一気に気温が上がります。しばしば40℃を越すこともあり、そうなると目や鼻などの粘膜がジリジリして、その暑さは相当なものです。空気が乾燥しているからまだ耐えられるものの、これが日本の夏のように湿気を伴うようだと、普通の人間では耐えられないと思います。

さて、日本では冷房を使わない場合、窓を開け放して風を通したりしますが、メルボルンでは日中気温が相当上がることが分かっている場合には、窓はしっかり閉め、カーテンやブラインドで室内に日差しが差し込まないようにします。外は燦々と太陽が降り注いで眩しいくらいの明るさなのに、家の中に入ると薄暗くて、このギャップに慣れるのに暫く時間がかかりましたが、外気と日差しが入り込まないようにすることによって、極力クーラーなどを使わずに扇風機などで暑さを凌ぐご家庭が多かったように思います。

事実、日本では湿気があるので、使う使わないは別として、クーラーがないお宅というのは殆どないと思うのですが、メルボルンの場合はクーラーがないという人が結構多かったです。朝晩は比較的気温が低く、真夏でもカーディガンが欲しくなるような涼しさ。また空気も乾燥していますから、日中は暑くても朝晩はクーラー無しで過ごせてしまうんですね。

そういえば、メルボルンは「一日の内に四季がある」と言われるくらい、一日の気温の変化が激しい所ですが、夏は「クール・チェンジ」と言って、あっという間に気温が15℃位下がったりします。ですから、季節の変わり目に冬・春物と夏物を入れ替える時、薄手のカーディガンやジャケットは必ず数枚は夏用に出しておく必要があります。

ところで、元々メルボルンの夏は気温は上がっても乾燥した爽やかな暑さだったのですが、毎年湿度が高くなり、日本の梅雨ほどではありませんが結構湿気のある日が多くなってきています。以前はクーラー無しで何とかやり過ごすことが出来た夏も、最近ではクーラー無しではちょっと厳しいようです。

温暖化の影響でしょうか?

ページトップへ