カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタヘッダーバナー

花の日、みつばち百花デー

みつばちとはちみつと花粉団子
働き者のみつばちさん、お疲れ様!
両足につけた花粉団子とお腹いっぱいに溜め込んだ花蜜で、
ちょっと体が重たそうです。

みつばちに恩返しをする活動を通じて、多様な生物とともに生きる持続可能な社会づくりを目指すNPOみつばち百花。東京国分寺を中心に、その活動は着実に全国に広がっています。

昨日の記事に8月3日が「はちみつの日」であることを書きましたが、8月7日は「花」ですから、みつばち百花ではこの日を「みつばち百花デー」としよう!ということになりました。因みに8月8日は、「ハチハチデー」ということに昨年決定。

私たちは、見えないところで小さなみつばちたちに本当にお世話になっています。みつばちがいなくなってしまうと、苺や杏、りんごなどの果物も、かぼちゃや玉葱などの野菜もできません。また、実がついても、例えば私たちがスーパーで目にするような形の整った苺などはできません。農業大国である米国でみつばちの数が激減し、深刻な事態を招いているといったことは、みなさんも既に新聞やテレビなどでご承知のとおりです。

8月は、はちみつの日、花の日(みつばち百花デー)、ハチハチの日、とみつばちに関連した日が3つもある、言ってみれば「みつばち月」。私たちの豊かな生活になくてはならない存在のみつばちたちのために、お庭やプランターがある方は、蜜源・花粉源となるお花を是非植えて下さい。高層マンションにお住まいの場合はみつばちが高い階まで飛んでいかなければならず負担がかかりますが、もしレンタル菜園で野菜などを作っていらっしゃるのであれば、来年は是非かぼちゃなどを作ってみて下さいね。

蜜源・花粉源となるお花は、みつばち百花のウェブサイト内にある「蜜源・花粉源データベース」を参考になさって下さい。

ページトップへ