カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタヘッダーバナー

オーストラリアのお話:クリスマスプレゼント

オーストラリアのクリスマスとはちみつの贈り物
写真はイメージです。

今日で11月も終わり。12月に入ると一気にクリスマス、年末ムードで慌しく感じるシーズンになりましたね。ミタミタはちみつの故郷オーストラリアでも、12月は何かと慌しい月です。何と言ってもクリスマスという大きなイベントがありますから。

オーストラリアでは、クリスマスは日本のお正月と同じくらい大切な日で、家族が集まりローストターキーやクリスマスプディングといった伝統料理の食事をしながら、一日を過ごします。お母さんの手作りの伝統料理を堪能した後には、大人になってもワクワクするクリスマスプレゼントを開ける時間が待っています。

日本ではどちらかというと、クリスマスプレゼントは子供にだけ与えるものというイメージですが、オーストラリアではおじいちゃん、おばあちゃんから孫たちまで家族全員にプレゼントを渡しますから、プレゼントの準備もなかなか大変です。12月に入ると、街はクリスマスプレゼントを購入する買い物客でごった返し、12月25日のクリスマス当日の直前まで、買い物袋を両手に提げた人たちであふれています。

クリスマスの翌日12月26日は、オーストラリアではBoxing Dayと言って、これもクリスマスに関連した祝日なのですが、この日から一年で一番規模の大きいセールがスタートします。(ということで、オーストラリアに旅行に行かれる方は、この時期を選んで行かれると、お買い物が楽しめて良いですよ!) 中には、このBoxing Dayセールの時に翌年のクリスマスのプレゼントを購入する気の早い人たちもいてびっくりしますが、良い物を安く購入することができますから、買う側にとっても、またプレゼントを受け取る側にとっても、ある意味賢い選択と言えるかもしれません。

私がオーストラリアに住んでいた時にも、12月に入るとクリスマスプレゼントのお買い物で何度も街に足を運びました。でも、時に何を贈ったらよいのかアイデアが全く浮かばずに困ってしまったりすることもあり、誰もが喜んでくれるプレゼントを日頃からリストアップしておくべきだなあ、と毎年反省しつつ、翌年も同じことで悩んでいたように思います。それでも、プレゼントを受け取った人の喜ぶ顔を見るのが嬉しくて、プレゼント選びにはかなり真剣に取り組み、またそれを結構楽しんでいたようにも思います。

日本でも、最近は子供たちだけではなく、両親や兄弟姉妹、友人や恋人などにプレゼントを贈る方がいらっしゃいますし、日頃の感謝の気持ちを込めて、職場の先輩や上司に贈り物をする方もおられるようです。

プレゼントとして贈る品物はというと、贈る相手にもよりますが、特にご両親やおじいちゃん、おばあちゃんのように年配の方、或いは職場の方でその方の好みなどがよく分からないという場合、形として長く残る置物や衣類といったパーソナルなものよりも、消費出来るものの方が良い場合があります。そんな時、はちみつを贈られてはいかがでしょうか?

よほど甘い物が苦手というのでない限り、はちみつを貰って「嬉しくない」という方は殆どいらっしゃらないと思います。また、はちみつは保存が利きますから、受け取って数日中に食べてしまわなければならないということもありません。パン党の方ではなくても、お茶やコーヒーを飲みながらお菓子として食べたり、そのままお湯や温めたミルクに溶かして飲んだり、或いは調味料としてドレッシングやタレなどにほんの少し加えたりと、和洋中のお料理にも使うことができますから、老若男女どなたにも喜んでいただける贈り物です。男性にも意外にはちみつ好きの方が多いようで、はちみつの隠れファンは結構いらっしゃるようですよ。はちみつは、みつばちとお花が作ってくれた、自然からの贈り物。今年のクリスマスは、是非はちみつをプレゼントされてはいかがでしょう?

ミタミタでははちみつギフトセットを各種ご用意していますが、お好きなはちみつを箱詰めにしたり、或いは透明の袋に入れてリボンをかけただけの簡単な包装もできますから、メールや電話(052-911-7380)、FAXでお気軽にお問い合わせ下さい。

オーストラリアの大自然で育まれたみつばちたちが作った美味しいユーカリはちみつとマヌカはちみつは、きっとどなたにも喜んでいただけると思いますよ。

ページトップへ