カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

オーストラリア産はちみつ専門店ミタミタヘッダーバナー

オーストラリアのお話:フィッシュ&チップス(1)

お正月、三が日があっという間に終わってしまいました。皆様のお正月はいかがでしたか?

我が家では元旦におせち料理を食べたら、午後から近くの神社に初詣に行って今年一年の願い事をし、あとは特にこれといった特別なことはしません。強いてあげれば、一年の目標を立てることくらいでしょうか。それでも、やっぱり日本のお正月は、「今年も一年頑張るぞ」という気持ちに自然にさせてくれますし、一年の始まりのけじめという意味で、私には大切なものです。冬に新年を迎える日本では、寒さで身も心も引き締まる感じがするのも良いです。

一方ミタミタはちみつの故郷オーストラリアは、日本と季節が逆ですからお正月は真夏。また日本の「お正月」のような感覚はなく、現地で大変盛り上がる大晦日ほどの賑やかさもありません。元旦は祝日ですが、会社のお休みはこの日だけで、2日から通常どうり業務がスタートします。オーストラリア生活が長かった私ですが、お正月を真夏に迎えることと、特にこれと言ったお祝いをしないことが何となく物足りなくて、毎年年末になると日本のお正月を懐かしく思ったものです。

そんなわけでオーストラリアの年始は日本人には少し寂しい感じがしますが、一つ私が楽しみにしていたことがあります。それは元旦に「フィッシュ&チップス」を食べること。元旦にフィッシュ&チップスを食べるのは、オーストラリアの習慣でも何でもないのですが、私はクリスマスから年末にかけてのディナーパーティーなどで料理の作りづめで、個人的に「元旦の夕食くらいは一息入れて簡単なものにしたい」ということで、近所の「フィッシュ&チップス」のお店に買いに行っていました。

このお料理は、写真を見てのとおり衣をつけて揚げた魚と、指の太さほどもある大きめのフライドポテトだけという、とてもシンプルなものです。元々はイギリスの食べ物なのですが、英国の植民地であったオーストラリアの食文化としてしっかり根付いています。ですから、どんな小さな町にもたいてい一軒は「フィッシュ&チップス」のお店があり、週末の夕方には人気店では行列が出来るほど賑わいます。お店によっては店内で食べられる所もありますが、基本的にはTake Away(「お持ちかえり」の意味。米国ではTake Outと言いますが、オーストラリアはTake Awayです)。

お店のカウンターで、大きな黒板に書かれた好みの魚(鮫や鯛など)、フライドポテト、ポテトケーキ(スライスしたポテトに衣をつけて揚げたもの)などを注文すると、その場で直ぐに揚げてくれます。アツアツをbutcher's paper(わら半紙)に包んでくれる時に「塩はどうします?」と聞かれますから、不必要ならば「No, thank you.」。必要ならば好みの量をかけてもらいます。あとは冷めないように出来るだけ早く家に持ち帰るだけ。わら半紙を広げると湯気が立ち、美味しそうなポテトの香りが漂います。(続く・・・。)

ページトップへ